2021年09月13日

「赤ちゃんってどうやって生まれるの?」

「双子はどのようにしてできるの?」

小学生が感じた疑問に対して、皆さんなら何と答えますか。

 

5年生の理科では、『人の誕生』について学習しています。

 

 

エコー写真を見て感想を出し合い、気になる事や疑問をロイロノートに集約してお互いの意見を見合う活動をしていました。

 

 

ロイロノートの提出箱を見てみると…

 

「胎児は、どうして頭から生まれるのか?」

「帝王切開はどのような時に行うのか?」

「双子の場合、子宮の中はどのようになっているのか?」

など、様々な疑問がありました。

 

学習を進めていると、先生の話や友達の意見を聞いている中で新たな疑問が生まれることがあります。

図書室から借りてきた本や自分のタブレットを使い、気になるトピックについて調べ物を行いました。

ですが、学習のテーマを深め合うという意味で一番効果的な方法は、友達同士で話し合いの活動をすることでしょう。

 

 

コロナ禍で話し合い活動が難しい現状ですが、ロイロノートを使ったICT上での新たなディスカッションの形も生まれています。

授業で知り得た知識を活かして、皆で学び合い深め合う時間をこれからも大切にしてほしいと思います。

 

『なんで?どうして?』の疑問を『なるほど!そうなんだ!』の感動に変えることができると良いですね!

  • キーワード検索

  • アーカイブ