2020年02月17日

題名を読んで、ある歌をイメージされましたか?

これは、毎年、卒業シーズンになると音楽室から聞こえてくる「思い出のアルバム」という曲です。

 

「いつのことだか 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう♪」

 

しかし今日は、思い出のアルバムという曲ではなく、2年生の生活科の授業で取り組んでいる「思い出のアルバム」についてご紹介していきたいと思います。

 

生まれてから7~8年経った2年生、ここで一度自分の人生を振り返ってみます。

冬休み中に、おうちの人にインタビューをして、このように文章でまとめてきました。

 

この文章をもとに、学校では、持ってきてもらった各年代の写真も合わせて、そのときを思い出しながら、思い出のアルバムを作っていきます。

自分の赤ちゃんのころの写真を見て「今と似てない!」という声や、「ぜんぜん覚えてないな~」という声が聞こえ、みんな楽しみながら作っています。

中には写真を切って貼るときに、自分がしゃべっているように工夫している子もいました。

完成すると、世界に一つだけ、自分だけの、すてきなアルバムとなることでしょう。

子ども達が作ったオリジナルアルバム、ぜひおうちの方も、完成を楽しみにしていてくださいね。

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ