2018年02月02日

明日、2月3日は節分ですね。

節分は、立春の前日とされていて、立春の時期は少しずつ寒さが和らいで、春の訪れを感じられるようになってきます。

しかし、今日の天気はというと…、朝は雪も降っていて、こんなに寒いと春が訪れるという気はしませんね。

 

教室では、1年生が鬼のおめん作りをしていました。

毛糸やおりがみを使ってたくさんの工夫がしてあります。

完成したおめんは、コモンスペースに飾られています。

豆まきをしたり、恵方巻を食べたり、楽しみなことが多い節分ですが、節分はナゼ行うのでしょうか。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、節分とは、それを追い払うための悪霊ばらいだと言われており、鬼に豆をぶつけることで邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。

また、豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢の数だけ食べます。

自分の年の数+1つぶ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないとも言われています。

明日はみなさん 、何の鬼を追い払うのでしょう。

  • キーワード検索

  • アーカイブ