2020年09月11日

本校には2羽の白いうさぎがいます。

姉妹の「ユキ」と「バニラ」です。

コロナ禍の影響でなかなか本来の学校生活が送れず、

高学年の委員会活動が止まっていましたがようやく活動が再開されました。

 

飼育委員会の子どもたちが毎朝飼育小屋の清掃を始めるときに、

中庭にゲージを置き、うさぎたちを放します。

 

1年生は生活科の学習で「ちいさな ともだち」という単元があり、

動物たちと触れ合う学習を行います。

 

体験済みの子どもたちもいれば、全く触れたことない児童もおり、

上級生が行っている作業やうさぎたちを1年教室前のコモンスペースから毎日、ガラス越しに見ていました。

 

本日、朝の活動でようやく触れ合う時間がもてた子どもたち。

「ふわふわー」「あったかーい」「ちょっと怖かったけど、触れた」

という感嘆の声が中庭に広がりました。

活動している上級生たちも優しい眼差しで

子どもたちの様子をうさぎ小屋の中から見ていました。

  • キーワード検索

  • アーカイブ