2022年01月13日

本日は一年生のコモンの飾りつけについて、ご紹介します。

子どもたちが図工の時間で作った作品を月替わりで展示しています。

今月は「わたしと ちきゅうにすむ なかまたち」というテーマの作品です。

地球に生息している生き物と自分がもし、一緒に過ごせたら…子どもたちの楽しい発想がいっぱいです。

違うクラスのお友達の作品を見て、違うクラスのお友達に、「〇〇くんは色ぬりが上手だね。」と声を掛けている人を見かけました。

違うクラスのお友達ともお話をしたり、一緒に遊ぶ様子をよく見かけます。

また、上手に仕上げられた人の作品を展示することから、展示された児童が、

「先生!ぼくの作品が飾られていたよ!がんばって良かった!」と報告してくれました。

図工の作品づくりのモチベーションにもなっているようです。

 

トイレの飾り棚に掲示してある、「いつもきれいにつかってくれてありがとう」の言葉通り、トイレの中でのマナーも身についてきました。トイレ一つでも、並んだり、次の人が使いやすいようにしたり、緊急事態を知らせるボタンがあったり…一年を通してたくさんのマナーを学びました。

さあ、一年生も4月からは新一年生が入学し、先輩になります。

トイレをはじめ、他にもたくさんのマナーをしっかり守ることや、お友達と仲良くすることを大切に三学期を全員で修了したいと思います。

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ