2019年12月13日

今週の低学年体育は鉄棒・マット運動を行いました。

今週の気温は変化が大きく、寒かったり暑かったりしましたが、アリーナに鉄棒とマットを常設し、気温の変化に左右されず行うことができました。

1年生は「自分の体を支えられること」、2年生は「格好よく技を決めること」を目標に取り組み、友達同士で上手にできているかを確認しながら練習しています。

グループでさまざな運動ゾーンに移動して決められた時間で練習に取り組みます。

 

本日は、鉄棒で「つばめ」の技を前のモニターを見ながら自分のできばえを確認しました。

後ろの友だちにひじ、ひざがの伸びているか、つま先がついているかを確認してもらい、できていたら両手タッチをして交代します。

人の技を見ること、できているかを確認できることが、技能向上につながっていきます。

 

さらに、自分の技能を確認し、どうすればもっと良くできるか思考し、表現できると、さらなる技能向上が望めると考えています。

はじめは技がぎこちなかった児童も、周りのお友だちのお手本やアドバイスで上手になりました。

今週は、カッコいい「つばめ」をたくさん見ることができました。

  • キーワード検索

  • アーカイブ