2020年01月24日

日出学園小学校のクラブ活動は毎週金曜の6校時に通常の授業時間45分より15分長い60分間行われています。

4年生から6年生までの児童が自分の希望するクラブに参加しています。

 

本日は3年生が来年度に所属するクラブを選ぶための「クラブ見学会」が行われる予定でしたが、3年生の1クラスでインフルエンザによる学級閉鎖があったため、来週に延期となってしまいました。

 

理科クラブでは、見学会で興味を持ってもらえるよう皆で話し合い、計画をしていましたが延期になってしまったので、今日は急遽内容を変えて実験を行いました。

 

本日の実験はレインボー食塩水です。

インターネットの動画サイトで実験方法を説明しているものがありました。

食紅で色をつけた濃度の異なる食塩水を濃い順番に静かに注いでいくと、同じ体積でも比重が変わるため混ざりません。

その性質によって色がきれいに分かれていきます。

濃度の違う食塩水を作ること、混ざらないようにピペットを使って慎重に注ぐことが児童にとっては難しいようで、なかなか成功しませんでした。

やり方がわかっていても実際に行ってみると上手くいかない。

だからこそ成功させるためにはどのような知識や技能が必要でその知識・技能を活用するための思考力が求められます。

 

これからの世に出て活躍するためにはインターネットによる知識だけではなく、このような経験を積み重ねて実現できる力を培っていく必要があるのではないでしょうか。

  • キーワード検索

  • アーカイブ