2018年06月08日

ついに、関東も梅雨入りしましたが、連日、真夏のような暑さが続いています。

グラウンドでは、中高生が体育祭の予行練習を行っていました。

懐かしい卒業生の顔も見られますが、みんな見違えるように大きくなり、子ども達の成長の早さには驚かされるばかりです。

今年の3月に卒業したばかりの中学1年生も、みんな逞しく成長し、元気に参加している姿を見て、とても嬉しい気持ちになりました。

 

今日は、2年生の図工(工作)の授業にお邪魔しました。

工作が大好き!な、2年生はみんな真剣な表情で取り組んでいます。

画用紙でワッカを作り、そこに飾りをつけていきます。

色とりどりの画用紙で図工室は賑やかです。

まずは作ったワッカを頭につけます。

思い思いに角や動物の耳をつけたりして、自分のなりたい姿に変身していきます。

頭のワッカが完成したら、腕や足、腰につけるワッカも作っていきます。

それぞれが工夫をしていき、ワッカを帽子にして駅員さんになったり、綺麗な冠にしておひめさまになりきっている子もいたりして、その様子はまるでハロウィンの仮装のようです。

そして、2年生は、はさみの使い方がとっても上手です!

小さな手ではさみを器用に操り、上手に細かい部品を切り出していきます。

 

最後は作った飾りを身につけて記念写真!

どの子の作品も、その子の思いや感性が溢れていて、世界に一つの作品になりました。

 

 

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ