2019年07月16日

7月11日(木)のブログ『三武将最強決定戦に向けて』の本番を本日行いました。

内容は前回のブログを参照ください!

ちなみに本日はこのような流れでやっていきます。


 

 

 

 

この2人は司会者です。

立候補してくれた人は他にもいましたので、輪番で行うことになりました。

 

まずは、『織田信長』、『豊臣秀吉』、『徳川家康』、それぞれの立場から武将の強みを発表しました。


 

 

 

 

 


 

 

 

 

画用紙にまとめたものを観客に見せます。

内容を吟味した上で画用紙に書きました。

あとはそれをどのように表現するかです。

この班は身振り手振りで表現していました。

 


 

 

 

 

この班はさらに工夫をしています。

家康が鋳造した小判を実物大で作ってきました。

観客に見せて回っています。


 

 

 

 

それぞれの班の発表が終わるとみんなで拍手をします。

 

そして作戦タイム。

相手側のチームへの質問を考えます。


 

 

 

 

 


 

 

 

 

数人が頭に巻いているものは、お手製『武将ヘアバンド』。

班の結束を高めるためでしょうか。

なぜ、このようなモノを作ったかは謎です…(汗)


 

 

 

 

観客の子どもたちは真剣に判断しています。

手元プリントにメモを取りながら聞いています。

 

どうにかこうにか無事に終わりました。

講義型で授業を行うことももちろんあります。

今回は、完全に子どもたち主導で授業を展開しました。

それもこれも、今までの成長があるから。

私は基本黙って眺めていました。

5年生から見ていていますが、細部において子どもたちの伸びを感じることができました。

さすが6年生!

明日はたくさんほめてあげようと思います!

  • キーワード検索

  • アーカイブ