2018年09月10日

2学期が始まり、約1週間が経ちました。

子どもたちは夏休み気分を少しずつ払拭し、元気に楽しく学校生活を送っています。

 

本校では、5・6年生は、週1時間のネイティブの先生による英語と合わせて、週1時間、日出学園中学校の先生による英語の授業があります。

 

本日は5年生の授業がありました。

中学校の教室で授業を受けるため、小学校から移動するのは子どもたちにとって新鮮で、ワクワクするようです。

本日の学習内容は「あいさつ(月)」でした。

以前、ネイティブの先生に発音と会話を学んだので、それを活かし、本日は、スペルや文法に注意した書き方と読み方を学びました。

子どもたちは「もっとスペルの練習をしていいですか」「次はどの問題を解いていいですか」と大変意欲的に取り組んでいました。

この中学英語を先取りすることで、卒業生からも「中学に入ってスムーズに英語の授業に参加できた」という声も聞かれます。

今後、自分を表現、発信していく力は必須となっていきます。

また、英語を活用する力も必要となっていくため、子どもたちには苦手意識を持たずに積極的に学んでいってもらいたいと思います。

  • キーワード検索

  • アーカイブ