2020年09月24日

小学校3年生は、毎年社会科で、梨農家の学習をしています。

教室で梨作りの勉強をしてから、実際に梨農家の方の農園を訪ねます。

そこで、実際に自分の目で見て感じたり、質問をして、考えを深めていきます。

これが、教室での学習内容です。

このような、しおりで勉強します。

内容は、このようになっています。

 

本来ならば、この後農園に行くのですが・・・。

今年は、残念ながら感染症対策のため、中止になってしまいました。

ただ・・・、

いつもお世話になっている梨農家の方から、

一人ひとりに梨(新高)が届けられました。

子供たちは、思わぬ出来事に、大喜びでした。

きっと家に帰って、美味しく食べることでしょう。

 

梨が好きになって、そして、社会科が好きな子供がたくさん増えるといいですね。

 

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ