2019年03月13日

本日は2・3校時に卒業式の予行練習がありました。

そのため、1校時に5年生が1000脚ほどの椅子を並べてくれました。

 

初めての椅子並べ。

短時間できれいに並べることができ、もうすぐ最上級生だということがうかがえました。

卒業式の本番は2日後、15日金曜日です。

今日は6年生の入場から、卒業証書授与や送辞、答辞の動きの練習、歌の練習がありました。

緊張した面持ちで入場した6年生でしたが、さすがは6年生です。

しっかり揃った綺麗な動きです。

在校生の皆さんも、立派な6年生の後姿をじっと見つめています。

 

歌の練習では全員で「君が代」を練習した後、卒業生は「仰げば尊し」、在校生は「蛍の光」「兄さん姉さんおめでとう」を練習しました。

良い姿勢で、良い表情で、気持ちをこめて・・・

 

卒業生は大好きな先生、お世話になった先生、思い出が詰まった学び舎、ここまで育ててくださったご両親へ、感謝と新たな決意をしっかり込めて歌います。

在校生は、卒業していく6年生に「ありがとうの気持ち」と「これからも頑張って」の気持ちをしっかり込めて歌います。

良い姿勢で歌うことも、高い声を綺麗に響かせることも大切なことですが、「歌は心」です。

気持ちのこもった歌声は、必ず聴いている人の心に伝わるものです。

 

卒業まであと1日。

6年生の胸には、6年間の思い出がたくさん溢れてきていると思います。

きっと感動に包まれる卒業式になることでしょう。

  • キーワード検索

  • アーカイブ