2018年09月08日

長い夏休みの間に、全学年の児童が自由研究に取り組みました。

夏休みに入るときに、何をしようかワクワクしている子もいて、子どもたちがどんな作品を作ってくるのかとても楽しみでした。

工作、理科的な研究、社会的な研究など、どの作品にも取り組んだ子どもたちの情熱が伝わってきます。

毎日、継続して取り組んだ作品。

大きな模造紙にわかりやすまとめている作品。

写真なども使い詳しくまとめられている研究ノート。

カラフルな色で作られている工作など。

時間がたっぷりと取れる夏休みだからこそ取り組めた作品がたくさんありました。

 

これらの作品が各学年の教室前のコモンスペースに展示され、今週木曜日から作品展が開かれています。

全てのクラスが、1年生から6年生までの作品をじっくりと見学をしていきます。

子どもたちはいろいろな作品に歓声をあげ、興味深そうに作品に見入っていました。

木曜日の懇談会の日には、保護者の方も熱心に見学をされていました。

 

来年はこんなことをしてみたいと、すでに考え始めている子もいるようです。

子どもたちはこの取り組みで興味関心を広げられたことでしょう。

そして、1つのことを完成させる充実感も味わえたのではないかと思っています。

 

 

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ