2019年11月28日

6年生の国語の時間。

『宇宙連詩を作ろう!』という単元の学習を行っています。

『連詩』とは、何人かで順番に詩を作っていきます。

①三行詩と五行詩を交互に作る

②前の詩の『言葉』や『イメージ』を引き継ぐ

これら2つのルールで作っていきます。

教科書の『宇宙連詩』の単元のページです。

確かに上記の2つのルールで詩が書き進められていることが分かります。

このワークシートを使って授業を行いました。

2番目の詩は自分で作らせました。

一度提出させ、正しく詩を書けているか確認しました。

その後は自由に教室を回り、友達のプリントに詩を書いていきます。

6年生にもなると、男女で意見交換をすることが恥ずかしい年頃になってきます。

それでも、異性と意見交換することができた子をほめました。

ロッカーの上で書いている子もいます。

教室全体ではこんな感じ。

 

最後に、私が良いなぁと思ったものを紹介します。

・地球と生命 それぞれ味方である でも生命によって敵にもなる

・小さな生物がいた その生物の中にも生物がいた その中にいたのは人だった

・人生は楽しい おみくじが当たった時 テストで良い点数を取った時 ホームランを打った時 すこしのことでもうれしい

・地球が生まれて 何年もして 人が生まれた 何年もして 僕が生まれた

・そう信じているから 信じるものがあると 前を向いて生きていける

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ