2020年01月14日

1月になり、気温がどんどん低くなってきました。

登校している児童たちの口からは、白い息が見られます。

 

そんな中、寒さに負けず、元気に外で遊んでいる児童がたくさん見られます。

『子どもは、風の子』

このように表現されることがありますが、日出学園の子どもたちは、まさにその言葉が当てはまります。

朝の様子を見てみました。

元気にドッジボールをして遊んだり、縄跳びをしていました。

たくさんの笑顔が溢れていました。

 

今日は、体操朝礼がありました。

しっかりと列に並び、先生のお話を聞いていました。

上着も脱いで、体操がしやすいように準備しています。

さあ、体操が始まりました。

手を大きく伸ばして、体を動かしています。

体が柔らかいですね。

楽しく体を動かすと、どんどん温かくなってきます。

 

寒いからと言って、部屋の中ばかりにいることなく、外に出て体を鍛えましょう。

初めは大変ですが、慣れてくると気持ちよくなり、丈夫な体になります。

 

令和2年になりました。

今年の目標の一つに、『元気に外で遊ぶこと』を付け加えてみてはいかがでしょうか?

  • キーワード検索

  • アーカイブ