2018年03月13日

第61回全国学芸サイエンスコンクール(旺文社主催、内閣府・文部科学省・環境省後援)

の読書感想文部門で、日出学園小学校からは初めて2年生2名が入賞し、

昨日、朝礼で校長先生から賞状を授与されました。

〈赤尾好夫記念賞〉をいただいた児童は『ばあばは だいじょうぶ』(楠章子 童心社)、

〈努力賞〉をいただいた児童は『まほうのバス』(中島和子 金の星社)を読んで、

自分の心の動きを豊かな文章で表現してくれました。

 

さて、今日は2,3時間目に卒業式の予行練習が行われました。

早いもので、卒業式まであと2日となりましたが、

先日、最後の読書授業で6年生へのはなむけに

吉野源三郎さんの詩を紹介しました。

 

たれもかれもが力いっぱいに

のびのびと生きてゆける世の中

 

たれもかれも「生まれて来てよかった」

と思えるような世の中

 

じぶんを大切にすることが

同時にひとを大切にすることになる世の中

 

そういう世の中を来させる仕事が

きみたちの行くてにまっている

 

大きな大きな仕事

生きがいのある仕事

 

『君たちはどう生きるか』(ポプラ社)より

 

卒業生のみなさん。羽ばたきの時です。

胸を張って、笑顔で飛び立っていってください!

 

 

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ