2018年07月02日

今日は、幼小交流会がありました。

近隣に併設している日出学園幼稚園まで、歩いて2分程度。

小学生が幼稚園まで出かけて、幼稚園児と一緒にご飯を食べたり、遊んだりする中で、交流を深めるイベントです。

 

『5年生と年長組』という組み合わせには理由があります。

来年、年長組が小学校へ入学すると、6年生と1年生という兄弟学年となるため、子どもたちにも意識させながら、この幼小交流会のイベントを行っています。

 

幼稚園に着くと、ホールでグループごとにお弁当を食べます。

年長組さんはお兄さん、お姉さんに会えるのが嬉しくて少し興奮気味です。

それに対して5年生は少し緊張している様子で、1年生よりも小さい年長組さんを一生懸命お世話する5年生の姿が、とても印象的でした。

「なにして遊びたい?」「どんなペットを飼っているの?」など、お弁当を食べながら、それぞれのグループが話に花を咲かせていました。

お弁当を食べ終わると、いよいよ遊びの時間です。

さあ遊ぶぞ~と年長組さん。

5年生を広い園庭に連れ出すと、あちらこちらへ案内していきます。

いろいろな遊具で遊んだり、

全力で鬼ごっこをしたり。

たくさん汗をかきながら、体をいっぱい動かし、とても楽しい時間を過ごすことができました。

お別れの時には、タッチをしたり、

覚えたばかりのお兄さんお姉さんのお名前を呼んで、「ばいば~い、また遊んでね~」と、笑顔でお見送りする姿がとてもかわいかったです。

この幼小交流会を通して、またひとつお兄さんお姉さんに成長した5年生でした。

  • キーワード検索

  • アーカイブ