2018年06月02日

本日はついに運動会の本番です。

今日の空は澄み渡るように青く、絶好の運動会日和となりました。

子どもたちは朝早くから学校に来て、係ごとに運動会の準備を頑張っていました。

早朝から、校庭は運動会を見に来た保護者の方たちでいっぱいになり、子どもたちは少し緊張した表情です。

応援合戦を皮切りに、元気いっぱいに運動会はスタートしました。

すべてのプログラムは紹介できませんが、それぞれの学年の活躍を抜粋して見ていきましょう。

 

まずは、初めての運動会の1年生です。

玉入れ「Smile」では、小さな1年生が体をいっぱいに使って玉を投げており、とても一生懸命な姿が見られました。

 

次に2年生は、ダンス「勇気100%! 1000%?」です。

初めてのダンスでしたが、振り付けだけではなくフォーメーションにまで力を入れ、素晴らしいダンスでした。

 

次は、3年生の徒競走です。

追いついたり追い抜かれたりと、接戦が続きます。

 

次に、4年生の「エース・オブ・ダイヤモンド」です。

フォークダンスの楽しそうな雰囲気は会場を盛り上げました。

 

次は、5年生の棒倒しです。

棒の先についた旗を一心不乱に奪い合う、迫力のある競技です。

 

最後の学年競技は、6年生の騎馬戦です。

威勢のいい掛け声で一斉に敵に向かって行く姿は、6年生らしい力強さがあります。

緊張感が漂う中、赤組も白組も一歩も譲らず、接戦が続きました。

 

本日、特に大きな拍手が起こったのは、5,6年生全員が力を合わせて取り組んだ鼓笛隊の演奏です。

運動会前日まで毎日演奏や行進の練習をした成果を発揮し、素晴らしい演奏となりました。

 

そしてプログラムの最後を飾るのは、紅白選手リレーです。

バトンパスで運命が変わり、追い越したり追い抜かれたりと、最後まで接戦でした。

 

 

すべてのプログラムが無事に終わり、運命の結果発表です。

今年の総合優勝は白組、応援合戦は赤組でした。

吹奏楽部も開会式に続き閉会式の演奏を頑張っていました。

 

暑い中、子どもたちは競技に応援に係仕事と、大変頑張っていました。

家でしっかり体を休めて、来週からは元気な姿で登校してほしいと思います。

  • キーワード検索

  • アーカイブ