2018年12月03日

12月に入り、ぐっと寒さを感じる日が増えましたが、子どもたちは元気に外で遊んでいます。

 

11月下旬より、中・高学年の体育では球技が始まっています。

クラスを4~5グループに分けて活動をします。

グループの中に、係(役割)があることで、責任をもって取り組むことができ、自主性や協調性を高めることができます。

 

今日は5年生のサッカーの授業にお邪魔しました。

 

現在行っているサッカーの試合は、男女混合でチームを編成しているということもあり、少し特殊なルール(内野、外野、キーパーの三構成)で行っています。

球技はボールに触れたり、関わったりする時間が長いと「楽しい!」と感じることができますが、関わる時間が短いと「つまらない、わからない」で終わってしまう子もいます。

運動や球技が苦手な子にも楽しんでもらいたい!という思いから考えたルールです。

 

5年生にもなると、試合前に話し合って作戦をたて、試合が終わると反省会を繰り返し、子どもたちで教え合い、学び合いをしています。

話し合いが上手なチームはどんどん上達しています。

授業のあとは、次のクラスが気持ちよく使えるように、用具係がゼッケンを整頓してくれています。

次の授業からリーグ戦が始まります。

どのチームが優勝できるか楽しみですね!

  • キーワード検索

  • アーカイブ