2018年12月19日

今年は冬の始まりこそ暖かく、「暖冬だね」なんて話していましたが、12月に入り、めっきり冬らしく、寒さが厳しくなってきました。

特に朝は冷え込みが厳しく、吐く息も白く、マフラーや手袋が手放せません。

こんな時は、体も縮こまりがちですが日出学園小学校の子ども達は元気いっぱいです。

「おはよう!」元気に挨拶をして、朝野球、ドッヂボール、ジャングルジム、縄跳び、キックベース、みんな元気に体を動かしています。

朝野球は3年生以上の各学年が、曜日を決めて実施しています。

この朝野球は子ども達に大人気で、男の子も女の子も、みんなとても楽しみにしているのです。

大好きな担任の先生が一緒に参加してくれるので、子ども達はとても嬉しそうです。

今朝は4年生が朝野球を楽しんでいました。

 

グラウンド手前では、ドッヂボールやキックベースをしている子がいます。

寒さが厳しい朝ですが、半袖の子もいます。

2年生は、小グラウンドで縄跳びをしていました。

お友達と二人で飛んだり、どちらが長く跳べるか競ったり、朝から大盛り上がり。

得意な子が、苦手な子に一生懸命教えている姿もありました。

ジャングルジムからも楽しそうな笑い声が聞こえてきました。

朝の寒さの中、子ども達の元気な様子がたくさん見られて、寒さに負けない子ども達の逞しさを感じました。

 

2学期も残り3日です。

元気に冬休みを迎えてほしいと思います。

  • キーワード検索

  • アーカイブ