2018年12月22日

冷たい風が吹く日々が続き、今年も残り9日となりました。

本日は日出学園小学校の終業式です。

 

子どもたちは背筋をしゃんと伸ばして整列しています。

 

校長先生からは、通知表をじっくりと見て、よかったところはさらに伸ばすようにというお話がありました。

児童部長からは、今学期は怪我をした人が多かったことについてのお話があり、来学期は気を付けることを再確認しました。

 

自分にとってどんな2学期だったか、9月に比べてどんな成長ができたか、一人ひとりが思いを馳せます。

終業式の最後には、学園歌を歌いました。

音楽の先生の指揮に合わせて、全校児童が大きな声で歌っています。

低学年の元気な歌声と高学年のきれいな歌声が重なり合い、アリーナに響き渡りました。

 

終業式が終わったあとは教室へ戻り、通知表をもらいました。

長いようであっという間だった2学期でしたが、子どもたちは充実した表情で下校していました。

怪我や病気をすることなく、元気に冬休みを過ごしてほしいですね。

  • キーワード検索

  • アーカイブ