2018年05月10日

昨日から4年生は館山、5年生は那須に自然教室へ行っております。

今日は2日目、自然教室メインイベントの日です。

 

4年生は沖の島へ行き、磯の観察をしました。

昨日までの嵐とは打って変わって太陽が元気に顔を出しております。

子ども達は、網やバケツを手に持って、潮の引いた磯へと繰り出しました。

簡単に見つけられたのは、ヤドカリ、イソギンチャク、アメフラシの卵。

子ども達は、「先生、この間勉強した○○見つけた!」と、事前学習が役に立っているようです。

中には砂地と見分けのつかないハゼやカニなども見つけ、採集していました。

終わるころになると、探究心の強い子(?)は、海の中まで観察したのか体操服までびちょびちょに…。

良いお天気のもと、たくさんの海の生き物に出会い、子ども達は大満足の磯の観察でした。

 

5年生は、本来ならば茶臼岳登山の予定でしたが、悪天候のため中止になってしまい、代わりにハイキングを行いました。

まずは宿のある山をどんどん下って行き、弁天吊橋を目指します。

数分歩くと弁天吊橋が見えてきました。

弁天吊橋は全長65m、高さ13mもあり、高所から雄大な自然を楽しむことができます。

揺れる吊橋はスリル満点で、至る所から「キャー怖い!」「とっても高い!」といった声が聞こえてきました。

次はつつじ吊橋を目指して歩きました。

その名の通り、吊橋へ向かう道中やその周辺はつつじが満開で、大変きれいです。

つつじ吊橋は全長130m、高さ38mで、弁天吊橋よりもはるかに大きい吊橋です。

怖がるかと思いきや、本日二度目の吊橋だからか、子ども達からは笑顔が見られました。

雨がパラパラと降る中、帰り道も頑張って歩き、子ども達は達成感に満ちた表情で宿へ戻りました。

長距離を歩きましたが、最後まできちんと人の話を聞きながら注意深く歩くことができ、ガイドさんからもそのことを褒めていただきました。

二つの吊橋のおかげで、茶臼岳登山に負けないくらいのスリルを味わい、約3時間にわたるハイキングは終了しました。

 

明日は最終日。

4年生は鴨川シーワールドに、5年生は那須りんどう湖レイクビューに寄って帰校する予定です。

子ども達はどんな土産話を持って帰ってくるでしょうか。

どうぞお楽しみに…。

  • キーワード検索

  • アーカイブ