2018年09月07日

暑い日が続いていますが朝晩には心地よい風が吹き、秋を感じられる季節となりました。

9月1日より2学期が始まりましたが、今日からいよいよ通常授業の開始です。

短縮日課ではお昼に下校していましたが、久しぶりに丸一日学校にいた子どもたちからは、充実感に満ちた笑顔が見られます。

4年生以上の子どもたちはクラブ活動が終わり、続々と下校していきます。

週末ですが疲れた様子もなく、「さようなら!」という元気なあいさつを聞くことができました。

 

子どもたちが帰ったあとの様子です。

これは低学年の下駄箱ですが、整然と向きをそろえて入れられた上履きは、とてもきれいです。

1年生といえど、整理整頓は当たり前にできるのが、日出学園小学校の子どもたちです。

次に、教室の様子です。

 

机の中の引き出しを出してから帰ります。

これは、忘れ物が無いかの確認と、引き出しの中を常にきれいにしておくための取り組みです。

先生やほかの子どもたちに見られることを意識すると、自然と子どもは片付け始めます。

きちんと整理整頓された環境は、とても気持ちの良いものですね。

 

来週からは日出祭の劇の練習などもあり、本格的に準備が始まります。

2学期は長いですが、元気に過ごしてほしいです。

  • キーワード検索

  • アーカイブ