2020年01月17日

体育の授業では長縄跳びを行っています。

 

3年生の長縄跳び

かぶり縄や迎え縄、跳び抜け、跳び戻りなどグループでいろいろな跳び方に取り組んでいます。

2本の長縄の間を走り抜けます。

グループでできた跳び方を表にまとめて達成度を確認しています。

 

長縄は一人ではできません。

友達と協力して行うことでたくさん跳べたり、いろいろな跳び方をしたり、楽しく活動することができます。

 

授業では、回している人は跳ぶ人に合わせて回し、跳びやすい回し方を意識させています。

さらに、メンバーを代えることで、跳ぶ人によって回し方やスピードを変えて跳びやすくなるように考えて回せる児童もいます。

 

1年生のはじめは縄を回さず、振っている縄を跳ぶことから始まりました。

縄も重いので軽いものを使用しています。

 

2年生になると跳ぶだけではなく跳んで抜けるところまでできるようになりました。

縄も軽いものから重いものにかえて、何度も練習をして上手に回せるようになってきました。

 

長縄の活動を通して、協力することや、どうすればより多く、より速く跳べるか、友だちとの関係がより深く、より良くなっていくように感じます。

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ