2018年04月18日

新年度が始まって、10日あまり経ちました。

入学式から数日間は保護者の方と一緒に登下校していた1年生も、今日は菅野駅まで、明日は最寄り駅の改札やバス停まで、などと、だんだんとひとりで通う道のりを増やし、毎日が「チャレンジ」の連続ではないでしょうか。

『可愛い子には旅をさせよ』ということわざもありますように、保護者のみなさまも毎日、無事に学校へたどり着けるか、迷わず帰ってこられるか、内心ドキドキしていることでしょう。

昨日の午前中、市川警察署の方が交通安全ルールを教えてくださる、交通安全教室がありました。

今年初めての試みです。アリーナがまるで街中の道路のように変身していました。

1年生はまだまだ背丈が小さく、車やバスの運転手さんからは見えにくい存在です。

手を上げて横断歩道を渡ったり、

左右確認をしたり、

とびだしはだめ

しんごうをまもる

くるまのかげからはわたらない

どうろをわたるときは、とまる・みる・まつ など、たくさんのルールを学ぶことができました。

誇らしげにこんなカードを持って帰ってきませんでしたか?

裏には

と、1年生だけではなく、みんなに守ってもらいたい交通ルールが書いてありました。

安全に登下校ができるように、日出学園小学校では担任や専科の先生、交通安全員の方たちも、菅野駅や日出学園前、菅野六丁目のバス停などで、見守っています。

交通ルールを守って落ちついて登下校しましょう。

 

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ