2019年12月23日

今日は2学期最後の日。

学期末の終業式の日といえば・・・

 

「通知表が渡される」ことが、子どもたちにとってのメインイベントではないでしょうか。

 

まずは、終業式。

冬休みの過ごし方についてお話を聞き、年末年始へ向けて気を引き締めました。

校長先生からは、

「お年玉で1冊、本を買って読んでみてください。そして本を読んで思ったことや考えたことをほかの人に伝えてください。」

というお話がありました。

 

「児童部長の奥田先生からは、12月は交通事故が多い月なので、気をつけて過ごすようにしましょう。」

というお話がありました。

 

そして、2019年最後の学園歌斉唱。

とてもすてきな歌声がアリーナに響いていました。

 

そして各教室にもどり、いよいよ通知表が渡されます。

担任の先生から通知表を受け取る前の子どもたちの顔は神妙そのものです。

それまでの間、このように読書などをして、静かにその時を待っていました。

 

そして、通知表をわたされると、いろいろな表情が見られました。

担任の先生から言葉をかけられながら通知表を受け取る子どもは緊張した面持ちでした。

 

2学期、一生懸命頑張った子、少しがんばりが足りなかったと思った子、様々です。

ご家庭で通知表をご覧になる際は、いいところに目を向けてくださればと思います。

よくなかったところは、いいところと関連付けて「またがんばろうね。」と励ましてくださればと思います。

 

冬休みは、クリスマス、お正月のお年玉、子どもたちにとっては楽しいイベントもあります。

体調管理には十分気をつけてお過ごしください。

令和2年1月8日(水)、みんなが笑顔で登校してくるのを楽しみに待っています。

 

皆様、よいお年をお迎えください。

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ