2021年11月22日

11月18日に、4年生は社会科見学で銚子にあるヤマサ醤油工場に行きました。

 

市川から約2時間半バスに揺られ、醤油工場に到着すると、職員の方たちが温かく出迎えてくださいました。

バスを降りると、ほのかにお醤油の香りがします。

 

子どもたちは初めに、醤油が作られる過程や歴史を、動画を観て楽しく学びました。

次に実際の工場の中を見学し、原料が発酵して音を立てている様子や、絞る前のもろみになった様子などを見ました。

工場の中は、香ばしいお醤油の香りでいっぱいです。

初めて見る光景ばかりで、子どもたちは醤油が作られる様子に興味津々でした。

 

工場内を見学し終わったあとは、せんべい焼きを体験し、醤油ソフトクリームを試食をしました。

焼きたてのせんべいはとても美味しく、醤油の塩味とよく合い絶品です。

子どもたちは「美味しい!」と口々に言いながら、あっという間に完食しました。

醤油ソフトクリームは、少し茶色がかった不思議な色のソフトクリームです。

みな初めて食べる味でしたが、キャラメルのようなコクがあり、美味しくいただきました。

 

帰りに、ミニボトルの醤油とオリジナルボールペンをお土産として頂くことができました。

子どもたちにとって、お腹も心も満たされた社会科見学となったようです。

  • キーワード検索

  • アーカイブ