2018年05月07日

5月2日(水)、中学1年生は校外学習で上野の国立科学博物館と上野動物園に行ってきました。

 

午前中は、日本を代表する総合科学博物館である国立科学博物館へ。

館内は、日本列島の成り立ちや日本人のルーツについて学べる「日本館」と、地球上の多様な生き物や環境・科学技術について学べる「地球館」があります。ライオンの剝製や、フタバスズキリュウの復元骨格の大きさに圧倒されたかと思えば、顕微鏡で覗くほど小さな小惑星イトカワの微粒子を熱心に見つめる生徒たち。教科書だけでは分からない理科の魅力に触れられた貴重な時間となりました。

 

 

午後は上野動物園へ。中学校に入学してから約1ヶ月。班行動の最中楽しそうにパンダグッズを選ぶ姿を見ていると、学年の生徒同士だんだんと親睦が深まってきたように感じます。

奇跡的に木登り途中のシャンシャンを見ることができた生徒もおり、(教員も含めて)大興奮!天候にも恵まれ、思い出に残る1日となりました。

 

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ