2015年12月03日

11月14日に、学習クラブのひとつ、「コミュニケーション・ディベート」を早稲田大学で行ってきました。

 

「コミュニケーション・ディベート」では、様々なテーマについてディスカッションするのですが、
今回は「日本人はなぜ数学が嫌い?」というテーマです。

 

早稲田大学の数学科の教授である近藤庄一先生、
教育学部数学科の大学生、基幹理工学研究科の大学院生の方々と
日出学園の高校生たちがディスカッションしました。

 

RIMG0385-2

 

日出学園の高校生からも積極的な発言があり、2時間があっという間に過ぎました。
生徒たちからは「充実した時間だった」という感想があがりました。

 

RIMG0386

 

近藤先生、大学生・大学院生のみなさんからも「楽しかった。またやりましょう。」との話をいただきました。
「コミュニケーション・ディベート in 早稲田大学」第2弾を企画していきたいと思います。
今回お時間を作っていただいた、近藤先生、大学生・大学院生のみなさん、ありがとうございました。

 

これからも、さまざまなテーマで「コミュニケーション・ディベート」していきます!

  • キーワード検索

  • アーカイブ