2015年11月28日

s-IMG_7530

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の主催する
「第11回ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」で、
本校から3人の生徒が千葉県地域賞を受賞しました。
今年度の総応募数はまだ公表されておりませんが、
昨年度は千葉県内で2906作品応募のあったコンクールで、
そのうちから毎年9作が選ばれます。

 

写真左から、
千葉県警察本部部サイバー犯罪対策課長賞
高校2年 鈴木 彩花さん(ポスター)
千葉県高等学校教育研究会情報教育部会 会長賞
高校2年 天野 沙紀さん(ポスター)
千葉県高等学校教育研究会情報教育部会 会長賞
高校2年 小口 響郁さん(標語)
の作品です。

 

IPAの掲載ページには下記からアクセスできます。
千葉県地域賞

 

スマホの扱い方、情報モラルに対して深いメッセージ性をもった作品ばかりです。
作品は今後、様々な情報セキュリティ対策の啓発資料として活用される予定です。
写真は本校の昇降口で撮影したもので、現在も掲示してあります。

 

本コンクールへの応募は、
今年度から高校生の情報科でメディアリテラシー養成の一環として取り組んでいるものです。
授業の中で「ネットワークを介したコミュニケーション」の難しさや、
携帯電話・スマホの技術的課題について学んだ後、
課題として全員が取り組みます。
座学とその後の作品制作を通して、
本校生徒達には大学受験の先を見据えたメディアリテラシー、情報モラルを根付かせています。
3学期は高校情報科の集大成として映像制作を行う予定です。

  • キーワード検索

  • アーカイブ