tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索
tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索

2020年05月11日

文科省の方では、学校再開にあたって中3、小6、小1の学年から優先的に登校を開始する案を出しているとのことですが、幼稚園も最終学年の年長児の教育の遅れが大変気になります。

本園も現在休園中ですが、これまで配布した課題の回収や新しい製作セットと絵本等の配布も兼ねて、今日は年長の登園日としました。

いろいろご心配な中だったと思いますが、登園のご協力ありがとうございました。

親子一緒に、自分の靴箱のマークを描いてもらいました。

室内の作業以外の時間は、園庭で遊ぶことができました。

今日はかなり暑かったですね。

保護者の皆様のご配慮で、時間内にうまい具合にバラバラに登園していただき、室内での「密」は避けられたと思います。

ありがとうございました。

年長児として、新しい保育室で自分の居場所はここなのだな、新しい先生はこうなのだな、と分かったのではないかと思います。

子どもたちには、自宅で過ごす時にも「幼稚園では先生たちが待っている」と安心した気持ちで過ごしてもらえたらいいなと思うのです。

今日の登園で、新しい学年のイメージが少しはっきりしたのではないでしょうか。

一方、久しぶりの友だちとの園庭遊びでは、一緒に遊びたい、でもなかなかうまくいかない、というジレンマを感じた子がいたようです。

子どもたちには、毎日チャンスが巡ってくる幼稚園生活はやはり大切なものですね。

 

さて、こちらは先週金曜日、年中と年長の先生たちのランチの様子です。

お外を向いて、離れて食べてもらっています。

もぐもぐ、ああ、いいお天気、

おしゃべりもちょっと遠い・・・

先生同士でも、一緒にお食事できるのはまだまだかなり先になりそうです。

 

これは、年長さんの栽培キット、今日、枝豆の種まきをしたそうです。

大きく育つかしら。私も初めてなのです。ドキドキ。

  • キーワード検索

  • アーカイブ