tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索
tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索

2021年02月24日

ひので劇場のこともひと息つき、子どもたちは雛人形作りが始まりました。

年少さんも、先生に個別に教えてもらいながら、持ち帰り用のものを作ります。

年中さんも、先生と一緒に、時にはみんな一緒に作っていました。

 

年長さんは、一斉に行う時間も長かったです。お友だちの様子も見ながら製作します。年長さんは段飾りも作ります。

これはふじ組の様子です。

ところどころ、実物を見に行ってよく観察します。

「触らないように気を付けてー」と私が言うと、

「触りたい・・・」と言った年長の男の子がいました。

幼稚園にあるものは何でも教材なので、触らせてあげたい気持ちもあるのですが、小道具がすぐに落ちたり傷んだりするので、難しいな。

どうしたらよいか、考えておきますね。

 

さて、のんびりマイペースに遊ぶ年少さん、

友だちと一緒に遊び場を作るのが、だんだん楽しくなってきます。

 

年中さんは、もう遊び場作りはお手のもの。

使うものもいろいろ選んでやっています。

 

ばら組もお雛様作りが始まりました。

一番手前で作っていた子の写真がピンボケで載せられませんでした。一生懸命取り組んでいたのに、残念。

 

これは今日のらんちです。

昨年度からでしたか、アレルギー食を分けずにみんな同じものを食べられるようになっているのですが、以前よりも内容がよくなったと思います。

味に慣れないと、子どもは好んで食べませんが、年長になるとずいぶん食べられるようになります。

不思議ですが、らんちに文句を言う子は全然いないのです。残しても、まずいとか何とか言いません。食べると「おいしい」と言っています。

 

午後も元気に遊びました。

遊びのルールはよくわからなくても、鬼決めを楽しむ年少さん、

年少が年中のだるまさんがころんだ、に入ったり、

遊びは違うけれど、隣同士の場所で長く遊んだり、

年少と年中もまじり合って刺激を受け合っていますね。

 

冷たい風に負けずに、元気に遊べた子どもたちでした。

  • キーワード検索

  • アーカイブ