tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索
tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索

2022年09月28日

日出祭(作品展)を前に、展示が形になってきました。

まだまだですが、子供たちもウキウキわくわくしています。

どのような展示になるのか、私も楽しみです。

 

午前中は展示の製作をグループごとにがんばった年長さん、午後はのびのび過ごしました。

バッタを2匹とってきたそうです、急ぎ足で飼育箱に入れていました。

 

飼育箱には昨日飛んできたカマキリが入れられていました。

バッタを食べるのかな・・・

二人で長い時間観察していました。

 

年少さん年中さんも、午後は落ち着いて遊びました。

午前中は、製作などで忙しかったです。

 

秋は、トンボを見たり、コガネムシの仲間をつかまえたり、虫の活動は盛り上がっています。

午前中はいろいろな活動が詰め込まれていることもありますが、子供は好きな遊びをして気持ちをリセットすることで安定します。

行事の前でもゆったり遊ぶ時間は大切です。

 

元気な年長さんはこおり鬼をしていました。

ままごとする子も、

ここは幼虫掘り、

 

 

幼虫掘りは、年少さんも興味を持っていました。

 

 

帰る前の年少さん、今日も暑くて、ちょっとくたびれたかもしれません。

 

年中もも組は、絵本を読んでいましたが、先生の見せている絵本が、子供たちの手元にもあります。

コロナの態勢になってから、絵本や紙芝居は、ギュッとくっついて見ることをやめています。

配布している月刊絵本は、先生のお話を聞きながら、各々が手元の絵本も見ることができます。

自分でめくることも大切な練習です。

静かにお話を楽しんでいました。

 

年長さんの当番交代、

帰る前に当番の交代をしています。

毎日3人だとすぐ回ってきますね。

年長ばら組は、交通安全の紙芝居を見てから降園していました。

毎日、帰る前のお話を楽しみにしているようです。

年長になると、絵本や紙芝居以外にお話の朗読もしています。

明日は朗読かな。

  • キーワード検索

  • アーカイブ