tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索
tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索

2020年10月19日

 

 

体を動かすと汗がダラダラ・・・の夏が終わり、すっかり秋になりました。

寒くなるまでに、いっぱい体を動かしたいです。

ちょうど、年中年長は月末に親子プレーデーもありますので、踊ったり、走ったり、今日もいろいろ動きました。

年中さんは、ポンポン持って踊るみたいです。

それを見物しているのが、年少さん。

今日も旗を持って応援しています。

わあ、面白そう!と、走って見に来る子たちも。

ただ見ているようですが、これがとても重要なのです。

まだ無意識の学びが主体の時期(モデリングとか・・・)です。見ているだけで、自然に集団行動の規律とか運動の仕方とか、様々な情報が頭に入っています。

興味津々で見ている、というところが大事なのです。

園庭の年中の様子も見るし、今日もホールの年長さんの様子を見ていた子たちもいました。

先週に続いて、誘わなくても見に来ているということ自体、予測できている、ということ。学んでいますね。

見ているだけですが、年長さんの動きが頭に入ります。やってみたいな、という意欲も育まれます。

年長さんは、今日は自分たちで輪になる動きをやっていました。難しい。

年長さんは「こうしたらいいよ」と気付いた子が声を出したりします。

 

体操の動きも揃っています。こういうのもたまには楽しい。

年長になれば、いろいろなことができるようになりますが、なるべく「教え込み」にならないよう、気を付けています。

子どもたちの「こうやったら楽しい」「こうしたら面白い」というアイデア・考えを大事にしたいです。

 

さて、年少さん、今日も花壇の幼虫ほりが盛り上がっていました。

「今日も幼虫いるかなあ」と予測して、掘ってみて、「やっぱりいたよ!」というところがまた楽しいようです。

仮説検証型の遊びということでしょうか。

 

今日のらんちはハンバーグでした。

 

午後は、もも組に英語遊びのエリー先生が来て遊んでくれましたが、こうやって話を受け身で聞く時間はかなり「眠く」なるようです。

みんな、一生懸命エリー先生のお話しを聞いていますが、全部英語なので理解はさっぱり。

ポカンとしたり、眠くなったりしていました。

こんな日もありますね・・・。

雨が降っていなかったら、園庭で一緒に遊べたのですが。

 

隣のうめ組さんは、大好きな紙芝居、

シーンと見ていたので、ガラス越しに撮りました。

幼稚園には、面白い紙芝居がたくさんあります。

もうそろそろ、年中さんも自分で紙芝居のお話を作って、紙芝居ごっこもできるようになる頃です。

いろいろなお話を知って、自分でもお話作りが楽しくなるといいですね。

  • キーワード検索

  • アーカイブ