tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索
tel
お問い合わせ・資料請求
交通アクセス
検索

2018年06月11日

梅雨のこの時期、年長さんに限ってですが、

霧雨のような時をねらって、雨の園庭を

散歩しています。ふじ組さんの雨の日散歩に

ついていきました。

日本の幼児教育の世界では、季節感を

とても大切にしています。雨だからといって、

室内にこもってばかりでは、子どももストレスが

たまります。てるてる坊主を作ったり、

雨つぶを容器に溜めたり、雨つぶの音を聞いたり、

雨にまつわるいろいろな活動も大切にされて、

楽しまれてきました。雨を体感する散歩も

その一つです。

手や体に雨を受けたり、水たまりを歩いたり、

年長さんだけに許されて、うれしい活動です。

(年長さんは節度があるというのが前提です。)

年長さんだけなので、幼稚園の北側も

探検に行きました。

また、霧雨の時があったら散歩に行きます。

年長さんは、軽い雨でもレインコートを

お忘れなく!

 

年少さんは、保育室で楽しく遊びました。

さくら組では、ショーが始まりました。

だんだん人数も増えて、

きく組さんも入ってきました。

きく組は今日も電車ごっこです。

 

年中さんは、保育室で遊んだあと、

ホールでいろいろな運動遊具を出して

遊びました。玉入れ、鉄棒、平均台、

トランポリン、トンネルなどなど。

 

ホールは広いので、自由に走るだけでも

楽しいのですが、たまにはミニミニ遊園地も

いいですね。

 

年長さんは、雨の日散歩以外は、

保育室で遊びました。

上の写真の女の子たちは、

妖精の棒を作っていました。

妖精の棒、

リボンがちょっとからまっているかな?

上の写真の男の子たちは、

じゃれ合いっこをしていました。

友だちがいるだけで楽しいのですね。

 

年少さんは、もうすぐ帰る時間です。

お帰りの前にはちょっと落ち着いて、先生の

お話を聞いたり、楽しく歌を歌ったりして

過ごしたいのですが、4月はお集まり自体が

難しかったのです。でも、だいぶゆったり、

落ち着いた時間を過ごせるように

なってきました。

 

年長ばら組さんは、フルーツバスケット。

笑い声がたえませんでした。

年長ふじ組さんは、「ひとりのぞうさん」

歌いながら、どんどんつながります。

 

さて、6月から放課後のわくドキくらぶが

始まりました。今日から3回、日舞です。

今日は正座でのお辞儀を教えていただきました。

きれいなお辞儀ができるようになりました。

すてきな浴衣も着せていただいて、

子どもたちもウキウキ。がんばりました。

立ちあがったり、座ったり、

歩く所作も、着物だとちょっと違う!

ちょっとお兄さんお姉さんになった気分です。

  • キーワード検索

  • アーカイブ