2022年05月09日

小学校に1年生が入学してから、1か月が経ちました。

4月は初めてのことだらけの1年生でしたが、学校生活にも徐々に慣れ、今では友達と楽しく過ごしている様子が見られます。

 

今回は、1年生の図工の授業の様子を紹介します。

本日の授業は、「はじきえで すいぞくかん」です。

クレパスが絵の具をはじく性質を利用して、水族館の絵を描きます。

「水族館にはどんな生き物がいますか?」という問いかけに対し、子どもたちは「魚」「タコ」「ウミガメ」「エイ」などたくさんの生き物を発表しました。

 

まずは、クレパスで海の生き物をたくさん描いていきます。

生き物のまわりには、白いクレパスで小さな泡をたくさん描きました。

 

次に、水で溶いた青い絵の具を、絵の上に塗ります。

すると、生き物がまるで海の中にいるように表すことができました。

子どもたちは、白い丸で表した泡が見えた瞬間「すごい!」「魔法みたい!」と口々に言い、目を輝かせていました。

 

そして、出来上がった作品をモニターに映し、希望者による発表会を行いました。

どの児童も発表に意欲的で、さまざまな生き物がいる楽しい水族館を描くことができました。

 

最後に、作品を乾燥棚に入れます。

順番を守って並び、きちんと作品を提出することができました。

 

1年生は、担任の先生の授業だけでなく、専科の授業も頑張っています。

授業の内容はもちろんですが、順番を守ったりルールを覚えることも、立派な勉強です。

毎日たくさんのことを学んで、成長していってほしいと思います。

  • キーワード検索

  • アーカイブ