2022年05月20日

1年生の生活科では、あさがおを育てています。

5月の初めにあさがおの種を植え、1週間ほどで芽が出てきました。

子どもたちは大喜び!

お友だちのあさがおの芽が出てきたのに、自分のがなかなか出てこなくて不安そうにしていた子も、ようやく芽が出てホッとした様子。

まだ小さい芽を子どもたちは愛おしそうに見つめていました。

 

早速あさがおの観察カードを描きました。
色、形、大きさ、もよう、手触り、においなどに注意して観察します。
「くきのところが紫色だよ」
「形はハートみたいだなぁ」
「葉っぱにもようがついているよ」
など、子どもたちはたくさん良いことに気づいています。
よく観察することで、いろいろな発見をすることができました。
子どもたちは毎朝登校すると、水やりをしてあさがおがどれくらい成長しているか確かめます。
少しの変化にも気づき、それをうれしそうに教えてくれます。
飽きずにずっと見ている子も。
どんどん大きくなって、何色のお花が咲くのか楽しみですね!
  • キーワード検索

  • アーカイブ