2021年11月27日

この時期2年生は、かけ算九九のお勉強をしています。

この単元では日常の具体的な事象と結びつけて乗法が用いられる場面を捉え、乗法の意味や式の表し方を理解させていく学習になります。

(1つ分の大きさ)×(いくつ分)という式の意味を、具体物の操作や言葉などと結びつけながら理解していきます。

「かけられる数」×「かける数」の用語や「九九のきまり」などかけ算の規則性に気付き、意欲的に九九を完成させる姿が見られました。

また、ゲーム的な内容やカードの活用など工夫しながら習熟を図りました。

 

九九表を見て「かけ算のひみつ」を見つけることに興味を持って大喜びで取り組んでいました。

 

かけ算カードの答えから式を見つけるゲーム、式から答えを見つけるゲーム、悔しがったり喜んだり・・・。

 

さて、先週までの2週間、2年生を中心にがんばってきた日出郵便の「見つけたよカード」の発表会をしました。

集配、消印、仕分け、配達の仕事をみんなで協力して取り組んできました。

子どもたちは郵便の仕事は、はがき「心」を届ける仕事であるから、はがき一枚一枚を丁寧に取り扱うことが大切なことだと知りました。

「もっとやりたい」と口々に言っていました。

来年は三年生として、二年生にいろいろ教えてあげて欲しいな。

  • キーワード検索

  • アーカイブ