2022年05月10日

今日は、少し肌寒く感じる1日でした。

さて、5年生の道徳には「のび太に学ぼう」という教材があります。

のび太って…泣き虫、弱虫、すぐドラえもんを頼る・・・など。

短所ばかりが目立つのび太から学べることってあるのでしょうか。

 

もっと良く、のび太の行動から性格を考えてみましょう。

すると、実は仲間想い、優しい、いざという時は行動する、一途。

と、長所もたくさんあることがわかりました。

見方を変えたり、広げたりするとその人の良さは必ず見つけられるのです。

 

では、自分は?どんな良さが自分にはあると思う?

子供達はとても悩んでいました。

出てくることは、自分の短所ばかり。

 

では、他の人から見ると自分てどう思われているんだろう?

短所だらけだと思っていた自分だけど、友達はたくさんの長所を見つけてくれていました。(赤が友達からのコメント)

「え!こんなに良い所あると思われてるの!?」

「こんな風に思ってくれていたんだ…」

「こんな?良いこと、いつしたっけ?」

と、自分では見えない自分に友達が気づかせてくれたようです。

自分の良さを知ることは、学校目標の一部でもあります。

きっと自分が知らない自分がまだいるはずです。

子供達がたくさんのすてきな自分に出会えるよう、これからも指導を重ねていきます。

  • キーワード検索

  • アーカイブ