2022年06月25日

「先生、見て見て。花が咲いた!」

朝、水やりを終えるなり、子ども達はベランダで育てているミニトマトの様子を嬉しそうに伝えに来ます。

そうです。

今、2年生はミニトマトを育てて観察している真っ最中です。

2年生の生活科の学習では、野菜などの植物を育てる活動を通して、適切な世話の仕方を学んだり、植物の成長の仕方について学びます。

そこで今回の生活科は、野菜に より関心を持ち、より親しんでもらうため『野菜を使って絵を描こう』という活動をすることにしました。

 

1 あらかじめグループの4人で、どんな野菜を持ってくるか話し合って分担を決めました。

2 活動当日、もってきた野菜の断面や表面の模様を使って、どんな絵を描こうか構想をねりました。

3 どの野菜を何色にするか決めたあと、スタンプ開始です。

トウモロコシを横に切った断面や、キュウリを縦に切った断面を使って、ちんげんさいのお花を作っています。

とうもろこしの輪切りのお花を、ゴロゴロ転がして空を作りました。

小松菜の根の部分の断面は、バラの様な模様になりました。

縦や横に切ったオクラで、花や茎や葉を作っています。

一通りスタンプを押せたら、仕上げにクレパスを使って完成させます。

いつも見慣れている野菜たちが、違った一面を見せてくれるのが、このスタンプの醍醐味なのでしょう。

「これキレイ!」

「〇〇ちゃんのすごーい!」

「これ何の野菜?」

友達の絵を見て、!や?がわいてきます。

上手にカットしていただいたおうちの方にも感謝です。

4 最後にみんなの作品を並べて発表してもらいました。

思い思いの絵が完成して子ども達も大喜びです。

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ