2022年05月02日

5月の授業が始まりました。

ゴールデンウィークの谷間の日なので、子供たちは少しソワソワしていました。

ただ、久しぶりの友達と会ってとても楽しそうでした。

 

本日は、一年生の生活科の授業を覗いてみたいと思います。

一年生は、アサガオを一人一鉢で育てます。

種から育てていきます。

 

授業では、種の観察をして、カードに記録していました。

虫眼鏡を使って真剣に観察をしています。

人間の赤ちゃんと一緒で、どの種も形や色が違います。

しっかりと書けたでしょうか?

 

これからは、植木鉢に土や肥料を入れて種をまきます。

植木鉢を温かいところに置いて、毎日お水をあげます。

子葉が出て、本葉になり、弦が出て蕾ができます。

蕾ができたら、いよいよお花が咲きます。

お花は、ピンクや水色、紫色など様々な色になります。

自分の種からどんな色のお花が咲くのでしょうか。

とても楽しみですね。

お花が咲き終わったら、実になり種ができます。

 

一年生には、種から育てて種になるまでを観察してほしいと思います。

『命のリレー』を種から感じてくれれば、この学習は大成功です。

さあ、一年生のみなさん、アサガオを元気いっぱいに育ててくださいね。

そして、自分達もアサガオに負けないぐらいに大きく育ってくださいね。

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ