2021年05月29日

今日はいよいよ運動会本番です。

天気は…。

暑すぎず、涼しすぎず、最高の天候です。

今年は、6学年一斉に開催できないので、1学年ごとに時間を区切って行いました。

校庭の密を防ぐためです。

 

低学年の様子です。

1・2年生、クラスごとにTシャツの色を揃えて、かわいく踊ることができました。

2年生も昨年の運動会がなかったので、共に初めての運動会でした。

 

中学年の様子も見てみましょう。

3年生は、「紅蓮華」の曲に合わせて踊り、4年生は、NiziUの「Make you happy」の曲に合わせて、縄跳びを使ったダンスを披露していました。

 

午前の部が終わり、午後の部の最初は、5・6年生による鼓笛行進です。

2週間前から、毎日練習を行い、音楽に合わせて200人近くが行進を行いました。

自分だけの演奏ではなく、周囲と合わせて合奏を行うということ。

演奏だけでなく、音楽に合わせて歩く。

ただの音楽演奏だけでなく、子どもたちからそこから、多くのことを学ぶことができました。

 

そして、高学年。

5年生は、『HINODEソーラン』、6年生は『海の声』をエイサーで踊りました。

ソーラン節は、勇壮な曲に合わせて元気よく、エイサーは、ゆったりとしたテンポの曲で堂々と踊り切ることができました。

 

他にも、各学年、徒競走か全員リレーといった個人競技も行いました。

応援は、声援ではなく、拍手だけというルールでしたが、とても盛り上がりました。

 

結果発表は、代休明けの来週の火曜日。

テレビ朝礼にて、閉会式を行います。

 

例年とは異なる方法で行った運動会。

子どもたちは精一杯演技を行いました。

コロナ禍でも出来ることを精一杯行う。

学校教育のあるべき姿なのかなと思いました。

  • キーワード検索

  • アーカイブ