2021年05月08日

本日の1年生の生活科の学習は、朝顔を育てる植木鉢に土をいれることです。

事前に土を入れ、水をかけて、土をならしておきます。

植木鉢は軽いけど、土を先生に渡されたときには「おも~い!」なんて言ってびっくりするお友だちもいます。

植木鉢に受け皿、シャワーキャップ、土と新しくもらったものをわくわくと触って楽しみにする子どもたち。

自分が育てる植木鉢ですから、みんなしっかり持って『自分でやろう!』という思いで先生のお話を聞きます。

 

土入れっていがいと大変です。

なぜかって、植木鉢に入れようとすると土がぽろぽろこぼれてしまうのです。

こぼれないように、土の袋を植木鉢の中に入れながらするといいですね。とっても上手です!

土を入れたら水を入れます。乾いた土のままだと、植木鉢からあふれてしまいますから、土を水で湿らせて全部入るようにするのですね。

「先生、土ってこれくらい?」「先生、水がなくなっちゃった!」「先生、水ってこれくらいでいいの?」

みんな初めてなもので、たくさん聞いてくれます。

でも大丈夫です。みんな上手に土を入れて、種を植えるための準備ができました。

来週の種まきが楽しみですね。

  • キーワード検索

  • アーカイブ