2021年04月27日

先週、1年ぶりの全校遠足が実施されました。2・5年生は市川市大洲にある「防災公園」へ。どちらの学年もこの日を待ち遠しく思い、当日も短い時間ではありましたが、存分に楽しむことができました。2学年混合で7~8名のグループを作り、上学年が遊びを考え、下学年を楽しませるためにそれぞれが役割を分担して遊ぶ姿が見られました。

そのきょうだい遠足の思い出を、記録に残す方法として2年生は絵と作文をかくことにしています。今日は画用紙に「一番心に残った楽しかったこと」をクレパスを使って描きました。

「お姉さんと手をつないでお話をしながら歩いたこと」、「僕が登り棒から降りるときにお兄さんが声をかけてくれたこと」、「ドッジビーを初めてやって楽しかったこと」などそれぞれの思い出の場面はみんな違い、あの時の様子を思い浮かべながら黙々とクレパスを走らせています。子どもたちの絵の中に登場する人物の表情はみんな笑顔で、どの場面にもひとりひとりの「楽しかった」が描かれています。

 

来週は国語の時間に文章で遠足の思い出をまとめます。絵では表せない、たくさんのエピソードが作文の中に盛り込まれると思うと今から楽しみで仕方がありません。

 

 

 

 

 

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ