2021年05月10日

2年生では、生活科でミニトマトを育てます。

本日は、種まきをしました。

 

数日前、1年生の時に育てたアサガオで使った鉢に土を入れました。

出席番号の奇数・偶数でクラスを半分に分け、教室では種の観察、ベランダでは土入れをしました。

鉢の支柱を抜くのが難しいため、土はそのまま入れてもらいます。

大きな袋でしたので、少しこぼすこもいましたが、みんな上手に入れられました。

教室では、小さい種が無くならないように、ルーペで観察しながら、観察カードに書いていました。

合言葉は、「さ、おかいものに」です。

さわる、おおきさ、かたち、いろ、もよう、のぞく、におい の最初の文字を観察時に思い出しやすいよう合言葉にしています。

「ちいさいなぁ。」

「白いよ。」

早速、アサガオの種とは違うことに気づき、驚きの声が上がりました。

 

そして本日、先週から楽しみにしていたミニトマトの種まきをしました。

最初に、鉢にお皿を敷いて机の上に置き、中央に人差し指の第1関節分が入るくらいの穴を5つ開けました。

 

次に種をまき、土をやさしくかぶせました。

最後に元肥を鉢にまんべんなくまき、水をかけてベランダに戻しました。

これから夏にかけて、育っていく様子を観察していきます。

2年生のベランダに、たくさんの赤いミニトマトの実がなる日が待ち遠しいです。

  • キーワード検索

  • アーカイブ