2022年06月23日

今日は、5年生の図工の授業を紹介します。

5年生は「絵の具スケッチ」という絵の学習をしています。

綺麗な花がたくさん咲く5月に、学校の周りの植物を観察しました。

その中から好きな形や色を見つけ、絵の具でスケッチしました。

子どもたちは楽しみながら草花を見つけ、描きたいイメージを膨らませていたようです。

 

今回の授業は、最後の仕上げと鑑賞会です。

まず、描き終えたスケッチを植物ごとに切り離します。

そして、大きさや色合いをよく見て組み合わせを考え、バランスよく配置したあと、台紙に貼り付けます。

 

全員の作品が完成したあとは、鑑賞会です。

友達の作品を自由に鑑賞し、気に入った作品を見つけたら、良いところをプリントに記入します。

みな友達の作品を真剣に見ています。

「どうやって描いたんだろう?」

「この花の色はただの白じゃなくて、水色が混ざってるのかな?」

とつぶやく声が聞こえ、自分なりの考えを持って鑑賞できました。

 

授業の最後に、希望者数名で発表会を行いました。

自分の作品の工夫したところや、絵を描く上でのこだわったところなどを紹介すると、

「おお!」「すごい!」といった声が聞こえました。

発表した児童は、自分の作品を認めてもらって嬉しかったようです。

 

今回の作品は、秋に行われる日出祭で発表する予定です。

全員の作品が展示された様子が楽しみですね。

  • キーワード検索

  • アーカイブ