2021年11月19日

立冬が過ぎましたが温かい日が続いています。

少し体を動かすとすぐに汗ばんできます。

先週の土曜日は快晴の中、全学年でスポーツ大会が行われました。

 

3・4年生の体育ではボール運動の授業をスポーツテストに合わせて年間カリキュラムを組んでいます。

3年生はベースボール型ゲームの「キックベース」。4年生はゴール型ゲームの「ポートボール」を行っています。

捕る・投げるなどのボール操作と得点をとったり防いだりする動きによって易しいゲームを行っています。

規則を工夫したり、ゲームの型に応じた簡単な作戦を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるよう授業展開しています。

女子は野球を知らない子が多く、ルールもわかっていないため、簡単なわかりやすいルールにしています。

審判も自分たちで行うことで、ルールを自分たちで再確認しながらゲームをします。

ポートボールはバスケットに似ていますが、ゴールエリアにいる味方がパスをキャッチすると得点になります。

今回はドリブルをなしにしてパスをたくさんつなぐようルールを変更しました。

ドリブルをなしにすることでパスを多くの児童でつないでゴールに近づけるようにしました。

全員がパス、ゴールマン、審判の役割を行うことでチーム全員のレベルアップがありました。

 

最近の児童はチームで何かを行う機会が減っている傾向にあります。

個人のスキルや考えをチームのみんなに伝え、レベルアップした時の児童の達成感のある表情が指導していてたまりません。

 

  • キーワード検索

  • アーカイブ