2021年07月09日

教「日本の国歌って何ですか?」 児『君が代です!』

教「世界にはたくさんの国歌がありますね。今日は世界の国歌や国旗などの意味を学習していきます。」

という話から、講師の方をお呼びしての特別授業がスタートしました。

皆さんは、世界には名ヵ国が存在しているか知っていますか?

世界には、自分たちは国だ!と主張している所は数多くありますが、そのうち日本が国と認めているのは195ヵ国だそうです。

その国の数だけ国旗も存在していることになります。

 

例えば…アフリカの地域では似た国旗が多く存在していますね。それはなぜなのでしょうか?

国旗の色は緑赤黄色が使われています。どんな意味が込められているのかというと…

緑は豊かな自然や大地を、黄は平和や繁栄を、赤は植民地であった悲しい過去に流された血を象徴しています。

似た国旗といっても、できるまでの経緯はそれぞれ違いがあります。

もともとは1つの国だった→国がいくつかに分かれ、元の国旗からそれぞれ取ったもの。

いくつかの国が1つになり、それぞれの国旗を合わせたもの。

国旗を見れば知識として国名をいうことは出来ても、その意味を考える機会は多くありません。

子ども達も興味深そうに話を聞いていました。

 

私たちの日常生活の中には、たくさんの世界が存在しています。普段勉強している教科もそうです。

算数の数字はどこらかきた?

国語の漢字は?

体育で行うスポーツは?

音楽のあの有名な曲は?

普段使っている日本語だと思って使っているその言葉は?

何気なく使っていても、世界入ってきているものがたくさんあることを学習しました。

最後はクラスごとにグループに分かれ、みんなで国旗づくりをしました。

最後の発表に向けて、

①国名 ②あいさつ ③どこにあるのか ④作った国旗 ⑤ありがどう

も国旗づくりと並行して行いました。タブレットも器用に使いこなし、さすが6年生でした。

慣れない言葉(国旗の国)での発表も元気よくできました。

オリンピックも目前です。世界に興味を持ち、理解を深めていけるきっかけになると嬉しいです。

  • キーワード検索

  • アーカイブ