2022年05月13日

無事に自然教室は2日目を迎えました。

生憎の雨模様でしたが、それぞれの場所で最後まで楽しみました。

2日目のダイジェストをお送りします。

 

「4年生」

朝になり、波の音で目が覚めました。

布団を片付けるのに苦戦しましたが、班の友達と協力して、しっかり部屋をきれいにすることができました。

朝食を頂いたあとは荷物をまとめ、閉会式が行われました。

あっという間に帰校の日となり、子どもたちは少し名残惜しそうです。

 

お世話になった休暇村を後にし、アロハガーデンへ移動しました。

当初の予定では動物とのふれあいをする予定でしたが、悪天候のため、ビニールハウスの中にある温室エリアのみの見学となりました。

温室エリアは、花やサボテン、多肉植物、果実がなる木など、栽培されている植物によって場所が分かれています。

ビニールハウスを進むごとに、身近で見ることができないような植物をたくさん目にすることができ、子どもたちは興味津々です。

人の背丈より遥かに大きい木を見て驚いたり、葉の生い茂った空間に「ジャングルみたい!」と言ったりして、嬉しそうにしていました。

 

温室エリアの見学後は、アロハガーデン内のレストランで昼食を頂きました。

できたてのロコモコ丼は、とても美味しかったです。

 

最後に、お土産売り場でお土産を購入しました。

家族の喜ぶ顔を想像しながら、持ってきたお小遣いの額に収まるよう、買うものを決めました。

 

バスで2時間かけて無事に帰校し、子どもたちは大きな荷物を持って帰宅しました。

家族にたくさんのみやげ話をしてほしいですね。

 

「5年生」

寝ている間は雨音が大きく、朝の天候が心配されました。
そして朝・・・やはり雨でした。
しかし元気な5年生は雨でもいつも通りです。
貸し切りの館内で、目覚ましに選ばれてた曲は「南中ソーラン」そう、運動会の曲です。
音を聞くやいなや、廊下に出てきた5年生は「どっこいしょー!どっこいしょ!!ソーラン、ソーラン!!!」
保護者の皆様、運動会をお楽しみに。
歯磨き、洗面はいつも通りかもしれませんが、寝具の片付けなど、普段は自分でやらない作業は友だちと協力して済ませました。
用意がとても早い児童もいれば、どのようにすればいいのか右往左往する児童も・・・。
コロナ禍で宿泊学習の機会が少なくなったせいか、児童自身の経験の差が大きく出ていたようにも思えました。
お世話になった「那須休暇村」を後にします。
一路「那須平成の森」へ!
雨は小雨になりました。
学年を7つの班に分け、かつて御用邸の敷地であった森の中に入っていきます。
雨のぬかるんだ森の道を進み、葉っぱの匂いを嗅いだり、表面の質感に注目したり、生き物の跡を探したり。
学校周辺とは違う自然の中で「雨の降る森」を心いっぱい体験しました。
児童「先生!なんかお腹空いてきた。今何時ですか?」
先生「もう11時だからねぇ、2時間も経ってるもの。そりゃお腹も空くでしょう」
児童「えっ?まだ30分くらいしか経ってないでしょ!?」
この会話から、如何に子どもが熱中していたかがわかりました。
たったの1泊ではありましたが、子どもたちにとって大切な経験になったことは言うまでもありません。
今回学んだ経験が、大切な思い出に、成長の鍵になって欲しいと願っております。
「6年生」

日光での自然教室2日目。

天候はお生憎の雨模様でスタートしました。

 

短い時間でしたが楽しくも濃い時間を過ごした宿に別れを告げて、本日のメインである日光東照宮へと向かいました。

「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿や眠り猫などで有名な日光東照宮。

実は、それ以外にも沢山の魅力があります。

天井に大きな竜の絵が書いてある輪王寺薬師堂では、驚くような現象を体験することができました。竜の顔の真下で拍子木を打ち鳴らすと竜の声が聞こえるという何とも不思議な場所。

竜の顔のあたりが特殊な造りで音が多重反響するためだそうです。

かの有名な徳川家康の御墓所も見ることができました。眠り猫の下を通って石畳と階段の廻廊を抜けると、お墓のある奥社に辿り着きます。

門に描かれた眠り猫も、よく見てみると前足を踏ん張るようにして描かれており、実は眠ったふりをして家康公を守っているとされる説もあるそうです。

 

自然と歴史が織り成す様々な魅力にふれた後は、お待ちかねのお土産買いです。

今日は、日光東照宮周辺も沢山の修学旅行生で賑わっておりお土産屋さんも長蛇の列!!

日光カステラや甚五郎煎餅など、栃木特有のお土産を購入した子ども達はお家で待っている家族へお土産を届けることを楽しみにしているはずです。

ぜひ、美味しく召し上がってください。

 

92名にとって最後、そして、最高の思い出となった宿泊学習。

友との思い出を胸に今後の学校生活も充実させてほしいと願っています。

皆の笑いに溢れた日光物語は、これにて終幕。

2日間お疲れ様!また来週会いましょう!!

  • キーワード検索

  • アーカイブ